本当のパートナーと出会えるか否かの境界線とは?

HOME » パートナー探し » 本当のパートナーと出会えるか否かの境界線とは?

本当のパートナーと出会えるか否かの境界線とは?

・本当のパートナーとは?
本当のパートナーと出会えるか否かの境界線を考える前に、「本当のパートナー」について考えてみましょう。
「理想のタイプ」は、ある程度固まっているかとおもいます。
男性であれば、「アイドルの○○さんに似ている人」を理想のタイプとして掲げているかもしれません。
女性ならば、「俳優の○○さんに似ている人」が理想のタイプという方も多いでしょう。
中には周りに理想が高いと諭され、「気が合う人ならルックスは構わない」と謙虚な姿勢を見せていることと思います。
でも謙虚になっていても、出会いがない人はありません。
ではなぜ、出会いがないのでしょうか。

・出会い系サイトやマッチングアプリを使っても出会えない理由は?
出会いを求めるのなら、出会い系サイトやマッチングアプリがあります。
プロフィールを検索すれば、理想の相手には会えるでしょう。
上手く行けばパートナーとして、人生を共に歩むことにもなります。
でも出会い系やマッチングアプリを使っても、出会えない人は出会えません。
無慈悲なことを述べるようですが、現実に起こり得る話です。

出会い系サイトやマッチングアプリを使っても出会えない人の共通点は、条件が理想的かどうかを吟味していることです。
確かにプロフィールは重要で、相手が何処で何をしているのかを抑えるのは必要です。
でも男性なら「外見はアイドル並みのルックス」、女性なら「年収は○○○万円以上」という形で検索すると、良い相手を遠のかせてしまいます。
なぜなら相手も同じように、外見やお金で選んでいるからです。
正に「類は友を呼ぶ」です。

・自分を見つめて椅子から立ち上がる
本当のパートナーを見つけ出すには、自分自身を見つめ直して考えることです。
今後、人生をどういう形で歩みたいと思っているでしょうか。
多くは、「素敵なパートナーを見つけて幸せな家庭を築きたい」と答えるでしょう。
将来の夢としては、100点満点の答えです。
でも結婚をして家庭を持てば自動的に幸せになれるという思い込みで答えたのなら、0点です。

「結婚をしてパートナーがいれば幸せになれる」は、いわば他力本願です。
同じ椅子に座っているだけで、一歩も動いていないと同じ状態です。
もし本当のパートナーを見つけたいのなら、まずは自分の力で椅子から立ち上がりましょう。
そして境界線がある方向へ、一歩ずつ前に進みます。
一歩ずつ前に進むことができれば、境界線は超えられます。
自分から動き出すことは恋愛だけでなく、他の分野でも共通しています。
今の状態に不満があるのなら、まずは椅子から立ち上がることです。